食堂⑤:鮮やかなもてなし料理で出会いの場を・・・

11月14日(土)、今年度第5回目となる「うちごはん食堂」が能登町本木地区の「農家民宿 ゆうか庵」で開催されました。ゆうか庵のお座敷には何と44客もの輪島塗の御前が並びました・・・!

gohanreport201511_1

今回は、「ゆうか庵」の女将・中田幸子さんと能登町(旧柳田村)ご出身で金沢で割烹料理店を営んだ後、8年前に輪島市門前町で「カフェギャラリーこうや」をオープンされた古谷英教さんによる、この日限りのコラボ食堂となりました。普段から意欲的に創作料理にチャレンジされている中田さんらしい、凝ったお料理の数々が並びます。

gohanreport201511_2  gohanreport201511_3

お客さんには、首都圏の人たちと能登の人たちが「いとこ」のように行き来して交流を深める「のとだらぼちITOKO会」の皆さんや、今年に入って能登町に移住された方々なども参加くださいました。鮮やかなもてなし料理をいただきながら、にぎやかな出会いの場ともなったのではないでしょうか。

gohanreport201511_4

◎ 本日の献立:汁物・茄子オランダ煮とろろかけ・芋コロッケ銀餡かけ・さといも田楽とししとう・牛蒡胡麻酢和え・白菜甘酢漬けサラダ・大根の漬けもの・ブルーベリーおこわ・カボチャ羊羹