ごあいさつ

海を前方に 山を背景に
日本海に グンッ と突き出た能登半島で暮らしていると
代わる代わる旬を迎える豊富な食材と
その力強い美味しさに ハッ とします。

空腹を満たしたもの
手をかけ美味しく食したもの。
能登の自然を恵みに変える
おかあさん方の知恵やこだわりが ギュッ と詰まった
それぞれの地区、家庭のうちごはん。

“能登っておいしい・・・!”

たくさんの方々においしい体験をしていただけますように。
食べに来てくれるみなさんの喜ぶ顔を思い浮かべて
丁寧に普段着のうちごはんをつくります。

おいしいは、たのしい。

メンバー紹介

旬の食材&能登うちごはんレシピ

今が旬

  • iwanori

    12月〜2月:岩海苔

    寒さが本格化する12月頃になると、外浦の岩場がだんだんと黒く色付きます。その正体は、天然の岩海苔。凪の日を見計らってむしり取り、真水で洗い、生のままお雑煮やお味噌汁で食べたり、成型して竹で編んだ海苔簾に干して板海苔にしたりします。

  • shibatake

    9月〜10月:シバタケ

    正式にはアミタケと言われます。毎年秋のお彼岸の頃になると、能登では人々がそわそわとキノコ談義を始めます。食感がよく、ぬめりもあって、とても良いダシが出るため、ありとあらゆるキノコのなかでも特に愛されている存在です。

その土地、その時期ならではのうちごはん。

えちゃけ
えちゃけ

いっぺん、能登に食べにきてくだっしね。

お問い合わせ